Large scale repair

古い建物を強度を上げる|マンション大規模修繕工事はプロにお任せ

マンションの大規模修繕

大規模修繕にかかる費用

積み木

マンションのメンテナンスは重要ですので、マンションの管理組合でもしっかりと話し合う必要があります。
マンション大規模修繕工事業者に依頼する場合には、大まかに言って1世帯当たり100万円程度の費用がかかります。
もちろん、老朽化の度合いによって、どの程度の修繕工事が必要になるか変わってきますので、一概には言えませんが、12年周期で行われている大規模修繕工事のおおよその目安と言えます。
マンション大規模修繕工事業者が行う工事は多岐にわたります。
屋上や外壁の目地の防水工事や外壁塗装の塗り替え、鉄部の交換や設備の更新などまで行う場合があります。
特に設備の更新は大規模修繕工事よりもスパンが短い場合があるため、大規模修繕工事のタイミングに合わせて実施することが大切です。
費用を抑えるためには、足場を組まずに外壁塗装をやり直す方法もあります。
最近では無足場工法を用いているマンション大規模修繕工事業者も増えていますので、業者を選ぶ場合の一つのポイントになります。
実際の工事期間は3か月から半年程度かかる場合がありますので、安心して対応してもらえるマンション大規模修繕工事業者を選ばなければ、マンション住民のストレスにもなりかねません。
マンション住民のプライバシーにも踏み込みかねない工事ですから、しっかりと住民に説明したうえで、工事に着手してもらう必要があります。
また、安全上の観点からも信頼のおける業者を選ぶ必要があります。

パートナーが重要

工事中の建物

マンションを維持管理していくうえで避けて通れないのがマンション大規模修繕です。
形あるものは経年とともに劣化していくことはやむをえません。
それを少しでも元の状況に回復するためには、適切なタイミングでの維持補修が必要になります。
マンション大規模修繕もそのためのものであり、マンション住民にとっては必ずしなければならない事業です。
その際に注意しなければならないのは、進め方です。
マンション住民は建築の素人ですが、マンションは自分たちのものですから、自分たちでマンション大規模修繕をしなければなりません。
高い費用を出して行う大事業ですから失敗は許されません。
そのため、マンション大規模修繕を実施する際には、専門家の協力が必要です。
大規模修繕を実施するためには、建物を診断して劣化状況を把握し、工事基本計画を作成して概算事業費を算出し、工事内容を決めなければなりません。
マンションの管理組合ではこのような専門的な業務を自分ですることは不可能です。
そのため、これらの業務を委託するバートナーが重要になります。
マンション大規模修繕のパートナーとして、マンションの管理会社や修繕工事の施工会社、建築士事務所などがあります。
一概にどのケースがいいとは言い切れませんが、専門家のパートナーを依頼せずに、直接、工事の施工業者に丸投げしているケースも少なくありません。
ただし、大規模修繕工事の内容を確実にチェックするためには、第三者である専門家の協力が不可欠です。

業者のサービスの特色

建物

本格的にマンションが建設されるようになってから、50年以上の歳月が経過しましたが、最近では大規模修繕が必要な建物の増加も著しいです。
12年に一度のペースで大規模修繕を行ったり、こまめに小規模な補修を行うのが、快適な居住環境と資産価値を維持する最善の方法です。
点検にも力を入れているのが、マンションの大規模修繕工事を行う業者の特色であり、建物の状態に合わせて最も適したプランを示してくれるでしょう。
特に歴史の長い業者はリピーターも多いのが特徴的であり、築30年以上のマンション向けの施工実績も多いのが一番の強みです。
したがってコンクリートのひび割れやタイルの剥落などの修理にも強く、マンションの老朽化の防止にも役立つでしょう。
集合住宅の長寿命化に向けたサポートも魅力的ですが、継続的に利用する賃貸経営者や管理組合が評価しているのは、これまでの施工履歴の管理体制です。
更に経験豊富な技術者が数多く活躍しているのが、歴史のある業者のセールスポイントであり、大規模修繕工事中の安全管理体制も万全です。
また骨組みの補修工事にも業者は力を入れており、施工をすることでマンションの寿命も更に延長できるでしょう。
一方で築年数の古いマンションの所有者の間で、人気が上昇しているのは、耐震診断と耐震補強工事もセットになったプランです。
劣化が進んだ部分を重点的に補強すると、大地震が来た時の倒壊のリスクも大幅に軽減できるので、居住者の安心感も高まるでしょう。

周期の目安は12年

建物

建物は経年劣化の影響を受けるので定期的に修繕する必要があります。特に、マンションの場合は大規模修繕をする必要があるので、そのタイミングがとても重要です。一般的な目安としては12年周期です。長期修繕計画を立てて、それに基づいて実施することもおすすめです。

詳しくはこちら

マンションの大規模修繕

積み木

マンションの大規模修繕工事を行う場合には、1世帯100万円程度が目安と言われています。マンション大規模修繕工事業者によって、安全対策や住民への説明方法がことなってきますので、しっかりとした安心できる業者を選ぶ必要があります。

詳しくはこちら

マンション管理について

模型

マンションは、年月と共に劣化してきてしまうので、何年かに一度マンション大規模修繕を行う必要があります。専門家に調査をしてもらい、住み易いマンションを維持するために修繕箇所を決めます。費用は修繕積立金から捻出されるので、負担が増えることはありません。

詳しくはこちら