Large scale repair

古い建物を強度を上げる|マンション大規模修繕工事はプロにお任せ

周期の目安は12年

経年変化の影響を受ける

建物

基本的に建物は経年変化の影響を受けます。
一戸建て住宅、アパート、マンションのいずれもそうです。
そのため、安全性や快適性を維持するには定期的に修繕をする必要があります。
特に、マンションの場合には大規模修繕を実施する必要があります。
しかしながら、実施するたびに大きなコストが発生するので頻繁に行うことはできません。
マンションの大規模修繕のタイミングはなかなか難しい問題です。
周期の目安としては12年周期が望ましいです。
マンションの経年劣化は建物の構造や管理状態によって1つ1つ異なりますが、建築基準法では建築してから10年が経過すれば外壁の修繕をしなければいけません。
そのため、およそ12年周期が目安になっています。
初めての大規模修繕を行った後は次の大規模修繕はその12年後になるわけですが、内容は同じではありません。
最初の修繕においては基本的には建物の外部が中心になり、2回目の修繕においては建物の内部の改修をしていきます。
このように実施するたびにその内容が変わりますので、コストも増大していく傾向があります。
大規模修繕のタイミングは早すぎても遅すぎてもいけません。
マンションの場合は長期に使用するものなので、長期修繕計画を作成してその時期に基づいて工事をするところもあります。
ただし、何年後にどれくらい劣化するかというのはなかなか予測することは難しいので、定期的に見直しながら計画を更新するとより良いタイミングで工事ができるでしょう。

相見積もりが大事

おもちゃ

マンション大規模修繕を検討されている方、どのマンション大規模修繕工事業者に依頼したら良いか、悩んでいる方も多いと思います。
そんな方は、複数のマンション大規模修繕工事業者で相見積もりをとって、見積もり比較をして決めることをお勧めします。
マンションと言うのは、築10年以上になると、紫外線等による経年劣化が目立つようになってきます。
その為、国土交通省は、マンションの1回目の大規模改修の目安を築12年としているくらいです。
この一大イベントと呼べる、マンション大規模修繕工事では、その名の通、大掛かりな修繕工事を行います。
外壁の塗り替えであったり、ひび割れしたコンクリート部位の修繕であったり、エレベータの修繕であったりと様々です。
この工事費用、実は、結構かかるので、できるだけお手頃な価格のマンション大規模修繕工事業者を選ぶ事が重要になってきます。
それぞれの業者で見積もりをとる際には、見積もり条件を同じにすることが重要です。
希望の工事期間であったり、工事内容であったりと条件を一緒にして見積もらないと意味のない、見積もり比較になってしまうので注意が必要です。
また、近くの空き地等に、マンション大規模修繕工事業者用の、駐車スペースや休憩スペースが確保できるかどうかも下調べをしておくと、より精度の高い見積もり結果を得ることができます。
見積もり比較時は、工事費用だけでなく、アフターサービスの充実性も併せて検討することで、より良い業者に巡り合うことができます。

劣化箇所を直してくれる

作業員

マンション大規模修繕工事は、必ずマンションで一定期間ごとに行われますが、これらの工事が人気がある理由としては、まず第一にマンションの寿命を延命できる点にあります。
マンション大規模修繕工事を一切行っていない場合には、どんどん劣化していき、耐用年数がすぎる前に不具合が出ることがありますが、修繕を定期的に行っていれば何年でも住み続けられるマンションになるので、修繕工事は大いに需要があるのです。
マンション大規模修繕工事ではまず外壁部分の劣化を修復し、その後外装のコンクリート部分の鉄部劣化を補修します。
屋上防水やベランダ部分の防水工事もマンション大規模修繕工事で直す事になるので、外の部分すべてを修繕する工事です。
大規模修繕工事は業者に対する見積もりを複数に出してから気に入った業者に施工できるというのも、人気の理由の一つです。
管理組合あるいは住んでいる住人が納得出来る施工内容を提供している場合が多いので、そのような業者は口コミ評価もかなり高くなっています。
マンションの大規模修繕工事は工事をすることで躯体部分を雨風から守り、耐用年数が来ても劣化の少ないマンションを維持できるので、多くの地域で人気があるのです。
マンション大規模修繕工事業者では建物の調査をしてから見積もりを行い、その後施工してくれるので、施工前後のサービスの質の高さにもかなりの定評があります。
マンション大規模修繕をするならとにかく信頼できる会社を選ぶのが一番です。

周期の目安は12年

建物

建物は経年劣化の影響を受けるので定期的に修繕する必要があります。特に、マンションの場合は大規模修繕をする必要があるので、そのタイミングがとても重要です。一般的な目安としては12年周期です。長期修繕計画を立てて、それに基づいて実施することもおすすめです。

詳しくはこちら

マンションの大規模修繕

積み木

マンションの大規模修繕工事を行う場合には、1世帯100万円程度が目安と言われています。マンション大規模修繕工事業者によって、安全対策や住民への説明方法がことなってきますので、しっかりとした安心できる業者を選ぶ必要があります。

詳しくはこちら

マンション管理について

模型

マンションは、年月と共に劣化してきてしまうので、何年かに一度マンション大規模修繕を行う必要があります。専門家に調査をしてもらい、住み易いマンションを維持するために修繕箇所を決めます。費用は修繕積立金から捻出されるので、負担が増えることはありません。

詳しくはこちら