Large scale repair

古い建物を強度を上げる|マンション大規模修繕工事はプロにお任せ

マンション管理について

住み易さを維持するために

模型

マンションはとても大きく立派な建物ですが、やはり年月が経つと劣化してきてしまいます。
住民の安全を守るためにも、何年かに一度、マンション大規模修繕を行う必要があります。
特にマンションは紫外線を浴び続けることで様々なところが劣化し、雨漏りなどのトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
マンション大規模修繕は、そのようなトラブルの予防策や、外壁の塗り直しなどを行い住み易いマンションを維持するために必要なことなのです。
マンション大規模修繕を行うにあたっては、専門家の力が必要となります。
まずは業者に連絡し、マンションのどの部分を修繕するのか、という調査を行います。
そこで気になるのが費用についてです。
マンション大規模修繕では、何千万という単位でお金が必要となってきます。
そのような大金を一から集めるというのは無理がありますので、たいていの場合マンションの住民は、修繕積立金というのを毎月支払っています。
マンション大規模修繕は住民の修繕積立金から捻出するため、住民の大きな負担になるということはありません。
また、マンション大規模修繕で使う費用だけでなく、何かが壊れてしまったりしたときには別途修繕金が必要となりますので、そのようなときにも修繕積立金は役立ちます。
マンション大規模修繕というのは、購入時に頭にある人はあまりいません。
住んでからこのようなことがあるのか、と驚かないように、知識として身に着けておくと良いでしょう。

修繕内容を考えよう

作業員

マンションも築年数が経過すればおのずと大規模修繕が必要になるため、施工業者を探し依頼しなければなりません。
現在大規模修繕の必要性を感じているマンションオーナーもたくさんいらっしゃることと思われます。
大規模修繕を確実に請け負ってくれる業者は様々存在しているので適切なところを見つけて依頼しましょう。
マンションの大規模修繕を行うにもいろいろな施工事例が存在しており、目的によって依頼する内容も変わってきます。
内外壁の改善を始め、オートロック導入による防犯面の強化、手すりの付け替えなど様々な内容を選択することになります。
幅広い修繕作業に対応している業者は各地に存在しているため、複数の施工を一括して依頼することができるでしょう。
実績豊富な業者ならば施工の質も安定しているので、強度面や見栄えも完璧に仕上がります。
マンション設備を維持、向上させる全ての作業は、物件価値を高めることを目的とし行うものです。
安定経営を継続させるためには入居者の物件評価が重要になりますし、空室対策も常に行わなければなりません。
そのための大規模修繕は全てのマンションオーナーにとっての必須課題なのです。
特に建物への水の浸入を防ぐための壁、屋上の防水施工は重要になるため、大規模修繕の際には必ず検討するようにしましょう。
業者に依頼すれば塗膜や防水シートの保護によって確実な施工が望め、検査確認もしっかりと行われるので万全の設備を維持できます。

見積もりを取りましょう

マンション

マンションは10年に一回大規模修繕を行いますが、多くの場合は管理会社が行うか、提携しているマンション大規模修繕工事業者を利用することになります。
また、施工した会社にそのまま委託をするケースも多い傾向です。
しかしながら、マンション大規模修繕工事業者の選択肢はこれだけではないのです。
例えば、現状の管理会社やマンションの施工会社と全く違ったマンション大規模修繕工事業者を利用することも可能です。
こうした場合には理事会で予め、数件のマンション大規模修繕工事業者を選出して、見積もりを取ってから住民で決議をすることになります。
長期修繕の見直しや、10年経過後の問題点、今後の修繕計画などすべてを、違った業者に依頼することで、新たな提案をしてもらえます。
一社のみの見解よりも複数社の見解を知ることによって、マンションにとって一番よい方法を探し出すことができるのです。
また、直接マンション大規模修繕工事業者に依頼することで、中間マージンの必要がなく同じ施工内容であっても、安価に行うことができる場合もあります。
マンションの大切な積立金を利用して行うマンション大規模修繕は、正しい業者選びと知識が求められるのです。
マンション管理会社に任せっきりではなく、住民が能動的に行動することで、よりよいマンション作りを行うことができます。
まずは、複数のマンション大規模修繕工事業者を探し出して、それぞれから見積もりを取るなどして意見を聞いてみましょう。

周期の目安は12年

建物

建物は経年劣化の影響を受けるので定期的に修繕する必要があります。特に、マンションの場合は大規模修繕をする必要があるので、そのタイミングがとても重要です。一般的な目安としては12年周期です。長期修繕計画を立てて、それに基づいて実施することもおすすめです。

詳しくはこちら

マンションの大規模修繕

積み木

マンションの大規模修繕工事を行う場合には、1世帯100万円程度が目安と言われています。マンション大規模修繕工事業者によって、安全対策や住民への説明方法がことなってきますので、しっかりとした安心できる業者を選ぶ必要があります。

詳しくはこちら

マンション管理について

模型

マンションは、年月と共に劣化してきてしまうので、何年かに一度マンション大規模修繕を行う必要があります。専門家に調査をしてもらい、住み易いマンションを維持するために修繕箇所を決めます。費用は修繕積立金から捻出されるので、負担が増えることはありません。

詳しくはこちら