Large scale repair

古い建物を強度を上げる|マンション大規模修繕工事はプロにお任せ

マンションの維持管理

大規模修繕の流れ

マンション

マンションの維持管理のためには、定期的にマンション大規模修繕を実施することが必要です。
まだ新築だからと言って、見た目で判断してマンション大規模修繕を遅らせていると、躯体内部で補修しきれない老朽化が進行してしまう恐れもあります。
一戸建ての場合には所有者がリフォーム等を行いますが、マンション大規模修繕の場合には、マンション住民が行わなければなりません。
しかし、マンションの場合には出来上がったものを購入することがほとんどですから、建築や維持管理について住民は素人です。
一般的に、マンション大規模修繕は12年周期を原則とされていますが、まずはマンションの管理組合内に大規模修繕のための委員会を立ち上げることが必要です。
最終決定は管理組合で実施するとしても、細かい動きは修繕委員会の中で検討が進められていきます。
この際に、マンションの管理組合や建築設計事務所などの専門家の協力をあおぐことが必要です。
マンション大規模修繕は、建物調査から始まります。
マンションの現状がどの程度なのかを調べなければ、どの程度の補修工事になるのかわかりません。
建物調査をしたうえで、全体の補修工事の内容を定め、どの程度の費用になるのかを算出して、マンション大規模修繕に着手することになります。
ただし、建物調査から工事実施までをどのように業者に依頼するかは様々です。
すべてをマンションの建築会社などに任せる方法もあれば、設計管理と工事施工を分ける方法もあります。

早めの対策が良い

作業員

マンションの大規模修繕工事は、マンションを経営をしている方にとってはとても重要な事柄です。
とくに築10年を超えるようなマンション物件の場合には、色々と建物に問題が発生してくるので、しっかりと対処する必要があります。
保有するマンションにおいて発生する問題としてまずやってくるのが、外壁の老朽化です。
外壁は常に厳しい環境にさらされているので、どうしても一番最初に修繕が必要になってしまうのです。
そのためマンションの大規模修繕工事を担当する業者では、外壁に関しては特別なコースを設定して対応しています。
そのため大規模修繕にかかる費用としては、安い状況となっていて、事前に申し込みができる保証制度も確保されています。
またマンションの内部で大規模修繕工事が必要なケースとしては、キッチンや浴室といったカビが発生しやすい箇所があります。
これらの修繕の場合には、どうしても大規模な工事になることが多く、実際予算規模としてもこれらの工事は割高に設定されている状況です。
近年ではこれらの工事に対する積立金を利用することも多くなっていて、多くのマンション経営者がこれらのサービスを利用しています。
そのため多くのマンションを経営している場合には、事前に積立金などの仕組みを利用しておきましょう。
マンションの大規模修繕工事では、多くの物件の工事をまとめて頼むと色々と細かい費用に関して交渉できるようになるので、多くの修繕作業を一度に頼むと良いです。

診断から施工・検査まで

工事現場

集合住宅の中でもマンションは堅牢な鉄筋コンクリート造りで耐久性が高いように見えますが、それでも経年劣化は避けられません。
そのためマンションでは10年から15年ごとに大規模修繕工事を実施し、居住環境を改善させて資産価値を高めるのが一般的です。
大規模修繕工事を実施する際にはマンションの管理会社が主導して工事業者に発注する方式と、管理組合が中心となって工事業者を手配する方式があります。
マンション大規模修繕工事業者は一般的なリフォーム業者などとは異なり、難易度の高い大規模修繕工事を専門に請け負っている業者です。
マンション大規模修繕工事業者を選定するには複数の業者から見積もりを取って比較する方法や、入札方式で業者を募集する方法が多く行われています。
匿名随意契約方式で1社に工事を依頼する場合と比べ、見積もり比較や入札を実施することで競争原理が働くため工事費用を安くできる点がメリットです。
マンション大規模修繕工事業者はただ修繕工事を実施するだけでなく、工事の設計から検査に至るまで幅広いサービスに対応しています。
大規模修繕工事を実施するに先立っては劣化箇所の特定も欠かせませんが、建物の調査と診断もマンション大規模修繕工事業者が請け負ってくれるのです。
診断結果に基いてマンション大規模修繕工事業者が修繕工事の見積もり書を作成し、工事請負契約締結後に施工開始の運びとなります。
下地補強工事や壁面塗装工事・防水工事など多くの工事が数ヶ月間にわたって集中的に行われ、マンションが新しく蘇ります。
すべての工事が終了した後にマンション大規模修繕工事業者が最終検査を実施し、足場等の撤去後に引き渡しとなります。
豊富な施工実績を持つマンション大規模修繕工事業者はアフターフォローもしっかりしており、引き渡し後に万一不具合が発生した場合でも迅速に対応してくれるため安心して工事を依頼できるものです。

周期の目安は12年

建物

建物は経年劣化の影響を受けるので定期的に修繕する必要があります。特に、マンションの場合は大規模修繕をする必要があるので、そのタイミングがとても重要です。一般的な目安としては12年周期です。長期修繕計画を立てて、それに基づいて実施することもおすすめです。

詳しくはこちら

マンションの大規模修繕

積み木

マンションの大規模修繕工事を行う場合には、1世帯100万円程度が目安と言われています。マンション大規模修繕工事業者によって、安全対策や住民への説明方法がことなってきますので、しっかりとした安心できる業者を選ぶ必要があります。

詳しくはこちら

マンション管理について

模型

マンションは、年月と共に劣化してきてしまうので、何年かに一度マンション大規模修繕を行う必要があります。専門家に調査をしてもらい、住み易いマンションを維持するために修繕箇所を決めます。費用は修繕積立金から捻出されるので、負担が増えることはありません。

詳しくはこちら